2017年04月25日

歌姫さん再発なる!

 我が愛しの歌姫・吉田真里子さんの1stアルバム『詩華集 −ANTHOLOGY−』と2ndアルバム『ポルトレ 〜肖像〜』がSony Music Shopのオーダーメイドファクトリーで再発版が発売となりました。

『詩華集 −ANTHOLOGY−』(左)と『ポルトレ 〜肖像〜』(右)
20170425a.jpg
(↑クリックすると拡大)
ちなみにオリジナルの『詩華集』は1988年、『ポルトレ』は1989年の発売です。

つづきを読む
posted by あさい(管理人) at 19:37| Comment(4) | 日記

2017年04月01日

髪型

 人物を描くのが苦手という漫画制作において致命的な弱点を持つ自分(^0^;)。キャラクターの描き分けにも一苦労。特に女性キャラは一苦労どころか不可能って感じで、『髪型を変えるだけ』という最も初歩的かつ最も効果的な手法に頼りっぱなし…

当サイトの作品を彩るヒロイン達。
20170401a.jpg
6人並ぶと見事にみんな同じ顔。
(↑クリックすると少しだけ拡大)
萌えキャラじゃなくたっていいじゃないか(^0^)

 さて、下の3人の男性キャラクターの髪型を見て、何か気が付きませんでしょうか?(明君の髪型が物理的に不可能ってのは置いといて…)
20170401b.jpg
(↑クリックすると少しだけ拡大)

実はこの部分が逆なのです。
20170401c.jpg

↓本来はこんな感じになるべき(…だと思う)。
20140401d.jpg

 これはミスではなく、何故か自分としては描いていて(絵として)しっくりくるので、あえて逆にしているのです(もっとも、しっくりしてしまうのは人体デッサンの練習を全くしていないからなんですけどね)。同様に顔や体型が多少歪んでいても手や腕や脚の付き方が多少ズレていても「これはこれで良いんじゃないかなぁ」とか「この方が面白いじゃん」などと感じた時はあえて直さずにいますので、そのあたりは『ツッコミどころ』として楽しんでいただければ…と思っています。


 本当にそれでいいのか?(^0^;)(←自問自答)

posted by あさい(管理人) at 22:51| Comment(0) | 日記

2017年02月24日

人物の下描き

 人物を描くのが苦手という漫画制作において致命的な弱点を持つ自分(^0^;)。1コマに一人の顔のアップでも悩むのに、複数人が入るとバランスやら位置関係やらこんがらがって大変です。

現在制作中の『彼ら月世界より』第2章11ページ目の下描き。
20170224a.jpg
↑クリックすると拡大

 「デッサンに狂いがないかを確かめるには原稿を裏から透かして見るとよい」と言いますが、そんなんじゃとても追いつかないので…

 原稿用紙の裏に反転したラフを描いて、トレース台で透かして表に下描きをしています(^0^)

原稿の裏はこんな感じ。
20170224b.jpg
↑クリックすると拡大。

 こんな面倒なことしてるから制作が進まないんだけど、こんな面倒なことしないと上手く描けないのよ(^_^;)

 …ではなくて

 こんな面倒なことをしても上手く描けていないのよ*\(^o^;)/*

posted by あさい(管理人) at 17:53| Comment(0) | 日記

2017年01月01日

謹賀新年(2017)

 明けましておめでとうございます。本年も当サイト&ブログをよろしくお願い致します。

 今年の目標は『彼ら月世界より』第2章の完成と公開。

1ページ目
20170101a.jpg
↑クリックすると拡大表示

2ページ目
20170101b.jpg
↑クリックすると拡大表示
特別にセリフも入れてあります。

 後で修正するかもしれませんが、ここまで出来上がっています。

 とりあえず前半部51ページまでを6月までに公開できたらいいな…(^_^;)


posted by あさい(管理人) at 18:35| Comment(0) | 日記

2016年12月31日

大晦日(2016)

 2016年も残すところ12時間を切りました。

 今年は6月に自作漫画の新作『彼ら月世界より』の第1章をサイトで公開。その月末からはインターネットでのアシスタント業務募集を開始するなど、いわば『再起動の年』となりました。

 実際に顔を合わせることもない在宅での仕事、『線画作業はアナログのみ』の条件に「こんなんで業務の依頼来るだか〜?(三河弁)」と不安でしたが、幸いにも良い作家さん達に巡り会え、中には「アナログのタッチが好き」な作家さん(本人はデジタル作業)もいたりと、まずは順調に(少々綱渡り的な部分がありつつも…笑)動き出すことが出来ました。

 業務依頼のあった5名のうち約半数が女性作家さんだったんですが、自分の背景画は案外女性向きなんでしょうかねぇ(←違うって)。

 デジタル化が進む業界の中、もう少しだけ『自分のアナログ線の力』を信じてもいいのかな…と思う下半期でした。

 では皆さん、よいお年を〜(^0^)

posted by あさい(管理人) at 12:31| Comment(0) | 日記