2024年06月26日

引き際

 ネットの記事で見つけたのですが、何やらAIでラフ(例えば鉛筆の下描き)を線画(ペン入れ)にするサービスが始まるそうです。

 「いよいよ技術がそこまで進歩したか」と感心する反面、思ったより遅かった気もしますが。

 どれくらいの精度なのか分かりませんが、一度出来てしまえば性能が向上するだけなので、そう遠くない未来には実用(プロの漫画家が不自然無く使える)レベルになるんでしょうね。

 そろそろ自分も引き際を考える時が来たかな? 考えるだけで実行はまだ先の話ですよ(^_^;)
posted by あさい(管理人) at 18:59| 日記